間取りについていろんな事を知ろう

>

狭い土地でも住みやすい空間をつくる間取りとは

収納スペースをつくろう

ではここからは住みやすい新築の間取りについてご説明をいたします。間取りをご自身で設定するためには新築の注文住宅を選ばれますことをオススメいたします。規格住宅では決められた候補から選ぶシステムになっているため間取りの設定などが行えない場合がほとんどであり、建売住宅は既に建っている家を購入するためご自身で間取りなどを決めることができません。

では住みやすい間取りとはどのような間取りになるのでしょうか。この明確な答えはありません。人それぞれ住みやすい間取りは違うため確実な間取りなどは存在いたしません。
ここではさまざまな例をご紹介いたしますので是非ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

まずわずかな空間や利用しないような場所を収納スペースにするという方法が挙げられます。
床下や使用しないと思われるスペースを思い切って収納スペースにすることで部屋を広くすることができます。

仕事部屋と和室をつくろう

続いて仕事部屋を作るという方法が挙げられます。
現在、世界的にもリモートワークが推奨され始めてきています。急なリモートでのお仕事でも対応できるように仕事部屋を一部屋作っておくと良いでしょう。

次にキッチンを対面にするという方法が挙げられます。キッチンに壁があると家族の様子や会話をすることができません。しかし対面キッチンにすることで家族とのコミュニケーションを料理をしながらでも取ることができ子どもの様子などを見ることもできます。

次に和室を設置するという方法が挙げられます。
和室はさまざまな方法で使用することができます。例えば来客が来た時などは和室で対応することができ、来客などが泊まる際にも和室を寝室として使用することができます。

その他、壁を減らすことで圧迫感をなくし、空間を広くみせることもできます。

以上のように住みやすい新築にするためにはさまざまな工夫をすることができます。